Going Home [based on Symphony no.9 by Dvorak]

 
 


Going home going home
I am going home
Quiet like, some still day
I am going home

  

It's not far, just close by,
through an open door
Work all done, care laid by
never fear no more

 

Mother's there expecting me
Father's waiting too
Lots of faces gathered there
All the friends I knew

 

I'm just going home

 

No more fear No more pain
No more stumbling by the way
No more longing for the day
Going to run no more

 

Morning star lights the way
Restless dreams all gone
Shadows gone, break of day
real life has begun

 

There's no break, there's no end
Just living on
Wide awake, with a smile
going on and on

 

Going home Going home
I am going home

shadows gone break of day
real life has begun

 

I'm just going home

 

 

 

 

Going Home / ゴーイング・ホーム

 

ゴーイング・ホーム、ゴーイング・ホーム

ぼくは家に帰る

静かな、まるでいつかの日のように

ぼくは家に帰る

 

遠くなんかない、もうすぐそこだ

開けっ放しのドアを通って、

やることは終わった、もう心配はいらない

もう怖がることはないんだ

 

お母さんは期待に胸を膨らませているし

お父さんは待ちわびている

そこはたくさんの顔が集まっている

みんなぼくの友達

 

ちょうど今、ぼくは家に帰る

 

もう怖いことも、痛いこともない

途中で、つまずくこともない

その日が来るのを待ちこがれることはもうない

走り続けることもない

 

夜明けの星が行く手を照らし

終わりのない夢から覚める

闇は去り、夜が明ける

現実の生活が始まった

 

中断も、終わりもない

ただ生活が続くだけ

眠らずに、ほほえみを絶やさず

ずっとずっと続く

 

ゴーイング・ホーム、ゴーイング・ホーム

ぼくは家に帰る

闇は去り、夜が明ける

現実の生活が始まった

 

ちょうど今、ぼくは家に帰る