Michael Horncastel

Join Date: 2002
Leave Date: 2009
Date of Birth: Sunday, 7th February 1993
 

 

Description:

Michael made the eminent transition from probationer to St. Philip's choirboy in 2002 at the age of 9. Not long after, Michael made his television debut with Libera on Songs of Praise, with the opening of "There is a Green Hill Far Away" being his first solo, thus proving what the very youngest of Libera are capable of.

Before becoming a soloist himself on a Libera album, Michael featured on Libera's advent video "Sing the Story" which was filmed for Songs of Praise in December 2003. This song was also included as an extra track on the Japanese version of the album Free.

2004-05 saw a change of Libera's principal soloists which gave Michael another rung on the ladder of choral experience. His first opportunity arose during the time of Libera's first Asia tour of March-April 2005 where Michael sang several solos. This was followed shortly after by the choir's latest release - Visions. Such songs as "Something Sings", "Sing For Ever" and the poignant tribute to Flanders fields, "We are the Lost", exemplify the level of maturity in his voice that has elevated over the last few years. Michael's efforts on tour were repeated during Libera's October trip to Japan.

Evident in many behind-the-scenes photos and videos, Michael can be seen as a bright and spritely character and, along with Callum Payne, has a talent for introducing Libera to the rest of the world.

Michael loves making cranes or animals of Japanese origami papers, this is based on information form the official programme for the Japanese tour 2007.

 


 

Info based on Japanese Copin magazine profile, 2005.
Second Treble
My name is Michael and I love Japan. This my second time here and I want to get some more origami paper because I have run out.
My best moment with Libera was getting lost in the woods when we were filming the "Voca Me" video. I really enjoy drawing and I mainly draw my characters which I make up. Sayonara.

 

 

所属期間:2002-2009

誕生日:1993 年2月7日(日)

 

解説:

マイケルHは、2002年の9歳のときに、著名な見習い生からセント・フィリップ少年合唱団に正式に参加しました。その後程なくして、マイケルHはリベラの一員としてSong of Praise でテレビデビューを果たします。オープニング曲「There is a Green Hill Far Away」は彼の最初のソロ曲であり、リベラ内で最も若いソリストとして、その可能性を示すことになりました。

マイケルHは、リベラのアルバムでソリストとなる前に「Sing the Story」(2003年12月「Songs of Praise」のために撮影されたリベラのadvent video)でソリストを務めました。この曲は、リベラのアルバム「Free」の日本盤に、ボーナストラックとして収録されています。

 

2004年から2005年にかけて、リベラはソリストの中心メンバーの変化の時を迎えます。このことが、マイケルHにさらなる経験を積む機会を与えました。最初の機会は、2005年3月-4月、リベラにとって初となるアジアツアーで訪れました。マイケルHは数曲のソロを任されたのです。このツアーに続き、当時の最新アルバム、「Visions」がリリースされ、「Something Sings」、「Sing For Ever」、 そして、強く心に響くフランダースへの賛歌、「We are the Lost」などでソロを担当しますが、これらはその後数年に渡って成長し続けた、彼の歌声の成熟の度合いを示していました。マイケルHは、10月の日本ツアーにおいても努力を怠りませんでした。

多くの写真やビデオに残された舞台裏の様子からも見て取れるように、マイケルHは明るく精力的な性格で、カラム・ペインとともに、リベラを世界中に向けて紹介する才能がありました。

2007年日本ツアー公式プログラムによると、マイケルHは日本のおりがみで鶴や動物を折ることが大好きだということです。

 

2005年、雑誌「ショパン」(日本)より
 

パート:セカンド・トレブル

僕の名前はマイケルです。僕は日本が大好きです。

今回は2度目の来日ですが、(以前買っていた)おりがみがもうなくなってしまったので、滞在中に折り紙をもっと買いたいと思っています。

リベラでの一番の思い出は、「Voca Me」の撮影中に迷子になてしまったことです。

僕は絵を描くことが本当に好きで、おもに自分でつくったキャラクターを描きます。

「SAYONARA」